ユニットバスの鏡の交換方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ユニットバスの鏡の交換方法をご説明致します。

①まず、壁の溝を埋めているシリコンをカッター等で切り離します。

図のように、鏡の上下に細い金具(片長チャンネル)がついていますので、上部の片長チャンネルと壁の溝を埋めているシリコンを取り除きます。

横から見た図

②次に、上部の片長チャンネルを押し上げます。図のように、鏡を押さえている手前の部分を下から叩き、上方向にスライドさせます。

③上部の金具を引き上げた隙間から、PPバンドなどの固い紐を鏡の裏側に通します。

図のように、紐を左右にごしごし動かしながら下方向に擦り下ろし、裏面のミラーマットを引き剥がします。

④鏡を取り外します。壁にミラーマットがまだ残っていたら、取り除いて綺麗にします。

⑤新しい鏡を貼るために、図のように壁にミラーマットを付け直します。

横から見た図

⑥新しい鏡を壁に貼付けます。

まず、図のように、下部の片長チャンネルに鏡を乗せます。

そして鏡を壁に貼付け、上部の片長チャンネルを上から押して、下方向にスライドさせます。

⑦上部の片長チャンネルと壁の溝を、コーキングガンを使ってシリコンで埋め直します。

マスキングテープでマスキングして作業すると綺麗に出来ます。

⑧マスキングテープを取り除きます。

⑨完成です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。