集合住宅の騒音対策に欠かせないものとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

集合住宅で騒音が気になりだすと、快適に過ごすことが難しくなってきてしまいます。

騒音を気にすることなく快適に過ごすためにも、窓の騒音対策が欠かせません。

なぜ壁の騒音対策ではなく、窓の騒音対策なのかと思うかもしれません。それには理由があります。

部屋から出ていく音、部屋に入ってくる音の約90%は窓から漏れていると言われています。そのため、窓への防音対策が必要になってきます。

窓の防音には内窓がおすすめです。

内窓は既存の窓の内側に取り付ける窓のことです。二重窓と呼ばれることもあります。

内窓は断熱性を高めることを目的として使用されることもありますが、防音効果が非常に高いので防音対策にも使用することができます。

内窓を使用することで、工事現場のような音も静かな事務所ぐらいの音に抑えることができます。

騒音を気にすることなく快適に過ごすためにも、内窓を使用してみてください。

お問い合わせ

内窓のことが気になった方は窓の防音.COMまでお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。