実験するときに使うガラスをご案内☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

実験をするときに使うガラスで、

私が小さいときに見た物で、

フラスコやビーカーなどが思いつきます。

 

ですが、ガラス管にも種類があり、

どういう実験をするのかによってガラス管の種類も変わります。

 

一般的に使われているのが、

CTE33というガラス管で、耐衝撃温度は120℃、

沸騰した100℃のお湯を掛けて冷却しても割れることはありません!!

 

 

しかも、オーダーサイズでのガラス管を作ることも可能です☆

 

是非、気になった方は、【ガラス管.COM】まで!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。