テーブルトップに最適のブラックガラスとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブラックガラステーブル

当社(デザインガラス.COMオーダーガラス板.COMテーブルトップ.COM)ではブラックガラス(黒いガラス)のテーブルトップのお問い合わせをよくいただきます。

ブラックガラステーブルをお探しの方も、通常のテーブルの上にブラックガラステーブルトップを置けば、簡単にブラックガラステーブルにすることができます。

さて、そのブラックガラスですが、複数の種類があり、テーブルトップには向かない壁面用や装飾用のブラックガラスもございます。

今回はテーブルトップに、最適のブラックガラスを紹介します。

テーブルトップとしてブラックガラスを使う場合、強度が求められる

テーブルトップとして、ブラックガラスを使う場合、ガラス自体に強度が求められます。ガラスの強度を上げるには「厚みを増やす」「強化ガラスタイプにする」「合わせガラスにする」の3点が考えられます。

 

厚みのあるブラックガラス

テーブルトップにガラスを使うには、最低5mm以上の厚みが必要です。5mm以上の厚みがあるブラックガラスを紹介します。

塗装カラーガラス「彩」 KCO-012

ガラスの裏面に黒い塗装をしたガラスです。いろいろな厚みに対応できるため、テーブルトップに必要な厚み(5mm/6mm/8mm)も製作可能です。

ビトロカラーガラス AGV-021

透明板ガラスの裏側にガラス着色用に開発された塗料を焼き付けたガラス。テーブルトップに最低必要な5mm厚が対応できます。

 

【おすすめ】強化ガラスタイプのブラックガラス

テーブルトップにガラスを使うには、強化ガラスタイプを使うのがオススメです。強化ガラスタイプは通常のガラスに比べて強度があり、割れても粉々になる為、手を切ったりすることがありません。安全ガラスとも呼ばれています。

セラミックプリントガラス CEP-PBK

ガラスの背面に特殊な塗料を塗り、高温な炉で焼き付けるとこで、塗料の強さをアップしています。同時に急激に冷却させることで、強化加工をされたガラスです。

ブラックガラスのテーブルトップとしては一番オススメのガラスです。

合わせガラスタイプのブラックガラス

合わせガラスタイプのブラックガラスは、2枚のガラスの中間に黒いフィルムを挟み込んだガラスです。強度はは強化ガラスよりも強く、中間フィルムのおかげで、飛散防止効果もある為、テーブルトップにするには最強のブラックガラスです。ただ側面から見た場合に、ガラスが2枚見える為、見た目がよくないのが弱点です。



カラー合わせガラス(ディープブラック)SCL-019

2枚のガラスの間に、黒いフィルムを挟み込んだブラックガラスです。厚みは6mm(3mm+3mm)と8mm(4mm+4mm)があります。強化ガラス加工も可能ですが、合わせガラスは十分な強度があり飛散防止効果もありますので、通常タイプでも十分です。

 

以上、テーブルトップに使えるブラックガラスの紹介でした。

 

私は、テーブルトップのブラックガラスは、強化ガラスタイプのセラミックプリントガラス CEP-PBKがオススメします。

 

当社では、お客様のご要望に合わせたガラスの提案を行っております。お気軽にお問い合わせください。

 

テーブルトップ以外にブラックガラスを使われる方は、デザインガラス.COMのブラックガラス一覧も御覧ください♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。