ガラス障子のリメイクにおすすめな3つのガラス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ガラス障子のリメイクにおすすめなガラスを3つ紹介します。

1つ目のガラスは、「昭和レトロ風ガラス」です。

昭和レトロ風ガラスは一言で言うと、ガラス越しに見た物が歪んで見えるガラスです。

このガラスは、昭和初期に作られたガラスに似た特徴を持ったガラスです。昔ながらの建具や建築物などに使用されることがあります。

昭和レトロ風ガラスを障子に使用することで、レトロな雰囲気を演出することができます。

2つ目に紹介するガラスは昭和型板ガラスの「からたち」です。

昭和型板ガラスは、昭和初期に人気のあったガラスの復刻版のシリーズです。

障子や食器棚などに使用されていたガラスです。

このガラスはシンプルかつ、デザイン性があるため人とは違った障子にリメイクしたい方にはおすすめのガラスです。

3つ目に紹介するガラスは、「チェッカーガラス」です。

チェッカーガラスは、格子柄のガラスで、モザイクガラスと呼ばれることもあります。

アンティーク家具や食器棚に使用されることの多いガラスですが、あえて障子にのガラスとして使用してみるのもいいのではないでしょうか。

障子にチェッカーガラスを使用することで、華やかな空間にすることができると思います。

以上ガラス障子のリメイクにおすすめな3つのガラスでした。

お問い合わせはデザインガラス.COMまでお気軽にお問い合わせ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。