窓の水滴対策に必要なのは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

窓ガラスに付いた水滴、原因は?

寒い冬によく見られる、窓ガラスについた水滴は、見た目に寒々しいだけでなく、湿気やカビの原因にもなる、怖いものです。

これは表面結露が原因です。

結露とは?

結露は、空気の温度が下がることで、空気中に含まれる水蒸気が水に戻ってしまうことを言います。

空気は、空気の温度によって、空気の中に含むことのできる水蒸気の量が増減します。

空気の温度が高ければ、たくさんの水蒸気を含むことができ、逆に低くなると、空気中に含むことのできる水蒸気は少なくなります。

なので、たくさんの水蒸気を含んだ暖かい空気が冷やされると、空気の中に含むことができなくなった水蒸気が水に戻って、冷たいガラスの表面に出てきてしまいます。

これが表面結露です。

何故窓ガラスに結露するの??

冬の窓ガラスは、外気にさらされて、冷たく冷え切っています。一方で、部屋の中は暖房などで暖められて、たくさんの水蒸気を含むことができる状態にあります。

そんな、部屋の中の暖かい空気が冷たいガラスに触れると、空気は冷やされて、空気に含んでいた水蒸気が水滴になって、ガラス表面に現れます。

つまり、結露を防ぐには、ガラスと、室内側の空気の間に大きな温度差がない状態にすることが重要です。

結露しにくい窓ガラスとは?

結露しにくい窓を作りたい人にオススメしたいのは、ペアガラス(複層ガラス)です。

これは2枚のガラスの間に、乾燥した空気など、断熱性が高いガスの層を作ったガラスで、断熱性に優れています。

つまり、室内に面しているガラスが、外気の冷たさに影響されて冷たくなりにくいということです。

室内の空気とガラスの温度差が生じなければ、結露しにくくなるので、ペアガラスは結露しにくいガラスだといえます。

ペアガラスに関するご相談なら

>> オーダーガラス板.COM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。