古民家の再生にもぴったり!~ガラス戸に合うレトロなガラス3選~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

古民家風の家って独特の雰囲気があって良いですよね。

将来は古民家を再生させておしゃれな家に住みたい。そんな方も多いのではないでしょうか。

古民家を再生させるに当たってガラス戸を使用することになってくるともあるかと思います。そこで今回は、古民家のガラス戸にぴったりなガラスを3種類紹介します。

古民家に合うガラスってどんなガラス?

古民家のガラス戸に使用するガラスは、もちろん写真のような普通のガラスでも違和感はないと思います。

ico_float_m

普通のガラス

ですが今回紹介する模様を持ったガラスや昔に使用されていたガラスを再現したガラスを使用してみることで、さらにレトロ感を出したり、おしゃれな雰囲気を出すことができます。

さらに、他の人が使っているガラスとは違うものでもあるので、自慢することもできます。

それでは早速古民家のガラス戸にぴったりのガラスを紹介していきます。

手作り風な雰囲気を持つ昭和レトロガラス

まず一つ目に紹介するガラスは「昭和レトロ風ガラス」というガラスです。

このガラスは、昭和初期に使われていたようなガラスを再現したガラスです。一見普通のガラスのようにも見えますが、良く見てみると違いがわかります。

下の写真を見てみると違いがわかるかと思います。

昭和レトロ風ガラスと普通のガラスの違いは、「ガラス越しに見たときの見え方」です。

昭和レトロ風ガラス越し景色

昭和レトロ風ガラス越しの景色

普通のガラスを通して景色を見た時と、ガラスなしで見たときとでは差がありません。ですが、昭和レトロ風ガラスを通して景色を見てみると、若干歪んで見えます。これが昭和レトロ風ガラスの特徴です。

この歪みがあることで、レトロ感がぐっと高まります。古民家のガラス戸とは相性が抜群ですね。

昭和レトロガラスだけじゃない、昭和初期に人気のあったガラス

二つ目に紹介するガラスは、昭和初期に人気のあった「結晶ガラス」です。

このガラスは先程紹介した昭和レトロ風ガラスとは違い、模様の入ったガラスです。結晶ガラスの表面には、霜がおりたような模様が広がっており、非常にデザイン性が高くなっています。

0531

結晶ガラス

ガラス戸の一部分にだけこのガラスを使用してみてもおしゃれですね。

 

最後に紹介するガラスは「からたち」と言う名前のガラスです。

このガラスも昭和初期に人気のあったガラスの1つです。

実際にこのガラスを見てみると、どこかで見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。もしかしたらあなたの家にも使用されているガラスかもしれません。「からたち」はそれぐらい人気のあったガラスです。

からたち

からたち

そんなガラスを古民家のガラス戸に使用することで昔ながらの雰囲気を出すことができます。また、レトロな雰囲気を出すことができるだけでなく、目隠し効果もあるので、ガラス戸にはぴったりです。

いかにも昭和と言う雰囲気をもった「からたち」ですが、そこがまた味のあるデザインです。

 

以上が古民家のガラス戸にぴったりな3つのガラスです。きっとあなたも、人とは違った住宅にしてみたいと思っていることでしょう。そんなときには今回紹介したガラスを使用して、いい雰囲気を作りだしてみてください。

 

P.S.

今回紹介した「昭和レトロ風ガラス」、「結晶ガラス」、「からたち」の3つのガラスはどのガラスもペアガラスにすることができます。

ペアガラスについてはこちら

見た目はレトロなガラスですが、機能面では現代の住宅にマッチしているので、断熱性を下げることなく取り入れることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。