窓枠から外したサッシの戻し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

恐らく日本で最もよく見かける、引き違いタイプの窓。

ガラスの交換をする時や、大掃除の時など、サッシごとガラスを窓枠から外すことがあると思います。

今回は、サッシを窓枠に戻すための手順やコツをまとめてみました。

サッシの外し方については コチラ の記事から。

サッシの戻し方

1 サッシをはめ直す

まずは、サッシを窓枠にはめ直していきます。

サッシは、サイズにもよりますが、想像以上に重たいことがありますので、安定した足場を準備し、なるべく2人以上で協力して作業してください。

図は、2枚引き違いの窓のサッシを、室内側から戻す場合の手順をまとめたものです。外した時と逆の手順になります。

サッシの戻し方

サッシの戻し方

まず、室外側のサッシを斜めに窓枠に入れ、室外側の上レールとサッシの溝を合わせます。
サッシを垂直に戻して、下のレールとサッシ下の溝が合うように下ろします。

室外側のサッシも同様に、サッシを斜めに窓枠に入れ、室外側の上レールと溝を合わせます。
サッシを垂直に戻して、下のレールとサッシを合わせて下ろします。

サッシによっては、一旦サッシを室外側に出して、室外側からはめ込む必要があります。
こういったタイプのサッシは、室外側から作業できるのであれば、室外側からサッシを嵌め込んだ方が安全です。

サッシの戻し方2

室外側サッシの戻し方 パターン2

これで、サッシを窓枠に戻すことができました。

2 外れ止めをかけ直す

外れ止めは、メーカーやサッシの型番によって、見た目や緩め方がまちまちです。

サッシによっては、外れ止めの外し方について書いたシールが貼ってある場合もあります。この場合は、シールの指示の逆の手順を踏んで、元に戻してください。

調整方法がわからない場合は、サッシのメーカーや型番を確認して、メーカーのHPなどで緩め方を調べるのがベストです。

サッシの型番の調べ方

メーカーと品番の調べ方

サッシのメーカーや品番がわからなかった方のために、国内の3大サッシメーカーのHPから、サッシの外れ止めの調整方法をまとめました。

LIXILトステム_外れ止めの外し方

外れ止めの緩め方(LIXIL製サッシ トステム)

引用元:サッシを外したい | LIXIL|Q&A・お問い合わせ

YKKAPフレミングJ_外れ止めの外し方

外れ止めの緩め方(YKK AP製サッシ フレミングJ)

引用元:「引違い窓/片引き窓/両袖片引き窓 – 窓を外してお手入れする」 | 商品のお手入れ方法 – YKK AP株式会社

三協_外れ止めの緩め方

外れ止めの緩め方(三協アルミ製サッシ)

引用元: 【三協アルミ】よくあるお問い合わせ(FAQ)

3 気密ピースを調整する

最後に、気密ピースという、サッシの下側面についている部品の位置を戻します。

メーカーや品番によっては、気密ピースが付いていないこともあります。その場合はこの手順は飛ばしてください。

気密ピースとは?

サッシの側面下側に付いていて、レールとサッシの隙間を埋め、窓の断熱性を保つための部品です。サッシ側面の下の方にあり、左右両方についています。

気密ピース(LIXIL製)

気密ピース(LIXIL製サッシ)

気密ピースの調整方法

気密ピースは、気密ピースを止めているビスを緩めて、気密ピースを下方向にずらし、サッシがスムーズに開閉できる位置を決め、ビスを締め直します。

サッシ1枚毎に、サッシの左右2ヶ所に付いているので、両方とも同じ手順で気密ピースを元に戻します。

気密ピースの調整方法(LIXIL製サッシ)

気密ピースの調整方法(LIXIL製サッシ)

引用元:サッシを外したい | LIXIL|Q&A・お問い合わせ

サッシを戻した後にこんな不具合が…

サッシを分解してガラスを交換した場合は、時々、窓枠に戻したサッシに不具合が起きることがあります。不具合のパターン別に、調整方法をまとめました。

サッシがガタつく時・スムーズに動かない時は戸車を調整しましょう!

サッシがガタついて隙間風が入ってくる時、サッシがスムーズに開閉できない時は、戸車の高さを調整することで解決できることがあります。

戸車というのは、サッシの下側に付いているコロコロのことで、サッシがスムーズに動くよう、重量を支える役目をしている部品です。

サッシの下側に2つあるビスの内、下側のビスを回すと、戸車を上下させることができます。ビスを回して、戸車をサッシの中に引っ込ませて、もう一度サッシを持ち上げてみてください。

戸車の調整

戸車の調整方法については、動画でもやり方を説明しています。

鍵がかかりにくくなった、ガタつくようになった時は、鍵の位置を調整!

サッシを入れなおした後に、窓の鍵(クレセント錠)がかかりにくくなったり、ガタついたりすることがあります。

そのままにしておくと、防犯上の問題があったり、鍵が傷んでしまったりするので、鍵の本体と錠受けの位置を調整し、鍵がスムーズにかかるようにしましょう。

鍵本体と錠受けはビスで止まっているため、ビスを緩めれば位置を調整することが可能です。

詳しい調整方法については、動画で説明していますので、参考にしてみてください。

 まとめ

今回は窓枠から外した引違い窓のサッシを元に戻す方法についてまとめました。

ただサッシを窓枠にはめ込めばいいのではなく、細かな調整が必要になる場合もありますが、どれもプラスドライバー一本でできる簡単な作業ですので、ぜひDIYにチャレンジしてみてください。

関連記事

お掃除やガラス交換に!窓のサッシの外し方 | ガラスをもっと身近に

窓ガラスの交換方法(サッシ) | ガラスをもっと身近に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。