工具/金具の紹介

姿見として買った鏡を壁掛けにしたい!

姿見として買った鏡を、壁掛けにしたいというニーズは多くあります。

そのご要望にお答えする形で取扱いしているのが壁掛け用のフックです♪

「Jフック」といい、名前の通り形が【J】の形になっています。
写真のチェーンにかけて使用するので、取り付け・取り外しが とっても楽なんですよ!!

詳しくは【鏡の販売.COM】まで♪

壁にガラス棚を簡単に取り付ける方法

壁にちょっとした小物を置けるような棚が欲しい方にはガラスシェルフがおすすめです。

このガラス棚はシンプルなため、使用する場所を選ぶことが無く、飽きずに長くご使用いただけると思います。

取り付け方も非常に簡単です。

詳しい取り付け方はこちら

このガラス棚には、強化ガラスという普通のガラスよりも強度のあるガラスを使用しているため、割れにくく、荷重に強くなっています。

ぜひ使用してみてください。

お問い合わせ

ギヤマンは各種ガラス板、ガラス関連工具、金物の専門店です。

お気軽にお問い合わせください。

>>ギヤマン

ガラス用の接着剤なんてあるの?

物をくっつける時によく使うのは、木工用ボンドや瞬間接着剤ですが、実はガラスにはガラス専用の接着剤があるんです♪

この写真は「ガラス接着用 酢酸系シリコン」というもので、耐水性もバツグンなんです!

あんなガラス用品が欲しい!こんな用品は売ってないの?

そのようなお問合せは【ガラスのホームセンターギヤマン】まで!

ガラスのウォールシェルフの作り方

ガラスのウォールシェルフの作り方を紹介します。

ガラスのウォールシェルフ製作に必要なものはガラスとブラケットのセットです。

ブラケットのセット

まず、ブラケットの底面の締め付けネジを緩め、ガラスの厚みにあわせて開きます。

次に下地のある位置にブラケットを取り付けます。

ガラスの棚板を載せたあとに底面の締め付けネジを締めて固定して完成です。

このガラスシェルフは簡単に作ることが出来るためおすすめです。

お問い合わせ

ギヤマンはガラス関連工具・ガラス金物の専門店です。

お気軽にお問い合わせください。

>>ギヤマン

誰でも簡単にできる♪ガラスカッターの使い方

ガラスを切断するために使う「ガラスカッター」

 

 

 

 

 

 

 

これ使うと、女性でも簡単にガラスを切ることが出来ます!!

ただし、簡単といっても、ガラスを扱うのは危険ですので、動画や写真でわかりやすく!

ガラスの切り方とガラスカッターの使い方をご説明します♪

こちらからご覧下さい→【ガラスDIY講座】

 

また、ガラスカッターやガラスカッター用オイルなどの関連用品は

【ガラスのホームセンター ギヤマン】へお問合せください☆

 

水槽の製作にも使用できるガラス用接着剤

水槽の製作に使用するガラス用接着剤は下の酢酸系シリコンです。

こちらは、水槽のガラス接着など水まわりのガラス接着に使用するシリコンです。

使用する際にはコーキングガンにセットしてお使いください。

水槽の作り方はこちら

お問い合わせ

ギヤマンは各種ガラス板・ガラス関連工具・金物の専門店です。

お気軽にお問い合わせください。

>>ギヤマン

ガラスの加工方法~穴あけ編~

ガラスの穴あけって難しそう・・・とお悩みの方に
一番簡単で、失敗の少ないルーター&ビットを使用した
穴あけの方法を動画でご紹介致します♪

ガラスの加工方法~穴あけ編~

工具自体の振動も少ないため、精密な加工をすることが可能です。
ぜひ一度お試し下さい!

ガラスの加工に必要なものを多数ラインナップしております!
ガラスのホームセンター「ギヤマン」

ガラス板を固定するには

ガラスの表札や看板を固定したい場合にはパネルアタッチメントを使用してみてください。

パネルアタッチメント

写真のパネルアタッチメントは、表札や看板の大きさに合わせて7種類の金具があります。

ガラス1枚だけを固定するタイプとガラス2枚で印刷物を挟み込むタイプがあるので用途に応じて選んでください。

お問い合わせ

ギヤマンは各種ガラス板、ガラス関連工具、金物の専門店です。

お気軽にお問い合わせください。

>>ギヤマン

ガラス棚には欠かせないブラケット

今回はガラス棚を制作する際には欠かすことの出来ないガラス棚受けブラケットの紹介をいたします。

写真の棚受けをスリット支柱と組み合わせることで、下の写真のようなガラス棚を制作することが出来ます。

このブラケットには滑り止めが付いているため、ガラスが滑り落ちるのを防ぐことが出来ます。

詳しい棚のつけ方はこちらから。

お問い合わせ

ギヤマンは各種ガラス板、ガラス関連工具、金物の専門店です。

お気軽にお問い合わせください。

>>ギヤマン